NFT Others

メタバース(Metaverse)とは?NFTアートとの関連性は?

Metaverse メタバースとは

https://nft-tamasuke.osaka

メタバース(Metaverse)とは「Meta(和訳:超)」と「Universe(和訳:宇宙)」が掛け合わされた単語で、現実世界とは異なるバーチャル上の「もう一つの世界」を意味します。

Metaverse メタバース

今後メタバースが普及して、もう一つの世界でも暮らす未来が当たり前になると言われています。
タマスケ(∞)

以前、Facebookが社名を「Meta」に変更したことが話題になった通り、あのマーク・ザッカーバーグもメタバースの時代が来ると確信しているのです。

META Facebook

メタバースについて、およびメタバースとNFTアートの関連性についてもみていきましょう。

 

メタバース(Metaverse)とは?NFTアートとの関連性は?

◎ メタバース上で過ごす日常

近い将来、現実世界と同じ様にメタバース上で日常を過ごす人が現れると予測されています。

メタバース VR

今でもインターネット上で過ごしている人いますもんね…いよいよVR等を用いて景色まで変わる時代が来ます。
タマスケ(∞)

今、メタバースについて理解を示しておくと、これから来るインターネットの次の時代であるWeb3.0にも追従しやすいでしょう。

Web3.0とは‥ブロックチェーン技術による非中央集権性によってWeb2.0(現代のインターネット)の課題を解決したもの。

 

◎ NFT化されたメタバースの土地を所有する

NFTの技術によってデジタル上のデータの所有者が明確にできる為、住民票の如くメタバース上の土地を所有することも可能になっています。

メタバース 土地

ホンモノだと証明されたデータはメタバース上で売買できる為、そこで生活が成り立つ人も現れるというワケです。

現実世界と同様に、メタバース上の土地で畑を耕して作物を収穫し‥メタバース上で売れる未来が。
タマスケ(∞)

もちろんメタバース上にタマスケ広報課長(∞)のNFT作品を持ち込むことも可能でしょう。

 

◎ NFTアートの美術館をメタバース上に開催!

タマスケNFT美術館のユメの一つに「メタバース上でタマスケ広報課長(∞)のNFTアートを持ち寄って美術館を創設する」があります。

NFTアート 美術館 作品展

多くの人に所有してもらったホンモノのタマスケ広報課長(∞)作品を保有履歴と共にメタバース上で公開できれば時を超えて日常の有難みや楽しさ・命の尊さを表現できるでしょう。

もし我々が寿命を迎えても、NFT美術館の作品を通して再会できるのです。
タマスケ(∞)

メタバースの技術がNFTと掛け合わせられることで、より多くの人に時空を超えた表現をする機会が与えられたのです。

こちらもCHECK

タマスケNFT美術館について

いらっしゃいませ、当館にお越し頂きまして誠に有難う御座います。タマスケ(∞) このページでは「タマスケNFT美術館」に関する以下の内容を紹介します。 当館のご紹介 青木防災㈱のタマスケ広報課長について ...

続きを見る

では皆さん、近いうちにメタバース上でお会いしましょう。

 

◎ まとめ

  • メタバース(Metaverse)とは「Meta(和訳:超)」と「Universe(和訳:宇宙)」が掛け合わされた単語で、現実世界とは異なるバーチャル上の「もう一つの世界」を意味する。
  • タマスケNFT美術館のユメの一つに「メタバース上でタマスケ広報課長(∞)のNFTアートを持ち寄って美術館を創設する」がある。
  • 多くの人に所有してもらったホンモノのタマスケ広報課長(∞)作品を保有履歴と共にメタバース上で公開できれば時を超えて日常の有難みや楽しさ・命の尊さを表現できる
  • この記事を書いた人

Tamasuke (∞)

Tamasuke (∞) is the cat working @aokibosai

OpenSea→http://opensea.io/aokibosai

HEXA→https://nft.hexanft.com/users/b9HGBkiJMRXLBV

@NFTamasuke

-NFT, Others